マスコットキャラのTokyoタわぷーの紹介でもしようかな

見た目は可愛いけど、中身はドス黒い中身はもっと可愛いWordPressの妖精わぷー。

うん、ジャブってのは肉球でえいえいやる感じでワッキャウフフ的にじゃれあってるということね。

そんなわけで(どんな訳だ?)、今回はいろんなものにしがみつくのが大好きな、わぷー with WordCampTokyo2012仕様の誕生秘話でも書いてみようかと思います。

ひとまず今回の東京ランドマークの候補としてあがったのは、

・会場蒲田だから、階段落ちじゃね?蒲田行進曲
・日本酒浸け
・最近できたタワー

で、ご存知の通り、わぷーはなんにでもしがみついてしまう癖があるので

砂風呂に入っているお客にしがみついてるわぷー

とにかく丸い物体じゃないとしがみつけないというわけで、ベタではありますがタワーに決定したわけです。そんでもって「キングコング的に捕まってる方がいい」という、作る人の気持ちを無視した無責任なご意見ご要望雨あられ。

(´-`).。oO(無茶言いやがんな、うっせーな、やればいいんだろ)
 ↑デザイナーの気持ちを代弁

さて、ここで問題点。

・そもそもあのタワーは丸くないだろ
・長すぎて下の部分どうしよう
・捕まるところが無いんですけど?

(´-`).。oO(まぁいいや、第一案を公開してみよう)
 ↑デザイナーの気持ちを代弁

以下が、みなさまのクレームありがたいご意見。

・貫通してるじゃん(ヾノ・∀・`)ナイナイ
・アイコンにならないんじゃない(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

それらのクレーム叱咤激励を噛み締めつつ、形状をなるべく残しつつ微調整を続けた結果、現行のデザインに落ち着きました。

一番の苦労はやっぱり搭の形と、わぷーのポーズが全然合わないこと。さすがにわぷーのお腹の秘密を見せる訳にはいかない!ということで、タワーの方に変形してもらう事に。どうやったかと言うと、「形が合うまでデフォルメし続ける」こと。中央の展望台の部分をなるべく丸みを持たせてつかまりやすく、加えて搭の先っぽを短くして、下から煽る感じに形を変えつつ、かつなんとか搭のイメージを残せるよう細かく調整を繰り返してます。

そう、毎夜毎夜、悔し涙を流しながら、豆を潰し血染めのマウスを操作しながらようやく完成したのがこちら!

おぉぉ、しがみついてるでー!!

実際、当日のイベントだけではなかなか伝わりませんが、一つのキャラクターを作るのにもいろいろな人(裏方さん)の苦労があるんやでーという事がわかっていただければ嬉しいです。

ふー、東京はなんとかなったから他のところにもちょっかいだしてみよう。

カテゴリー: お知らせ パーマリンク

コメントは停止中です。